>

仏教はお経を唱える

お経を唱えることが大きな特徴

故人の冥福を祈るために、仏式ではお経を唱えます。
お経によって、順調に輪廻転生できるとも言われています。
仏式でお葬式を開催するのは、故人がきちんと安らかに眠れるようにするためです。
しかし神式はそれ以外の意味も含まれています。
故人が眠れるようにと、同時に子孫繁栄も祈ります。
ですから神式は、祝詞を採用しています。

祝詞は神式のお葬式だけでなく、七五三などの行事の際に唱えられます。
おめでたい言葉なので、お葬式で唱えていいのか不安になる人がいるでしょう。
しかし神式で正式に採用されているものなので、安心して唱えてもらってください。
ですから神式のお葬式は、仏式のように雰囲気になりにくいと言われ好まれています。

祝詞を唱える目的を知ろう

神式のお葬式で祝詞を唱えることで、故人が神様になれると言われています。
その部分も、仏式を神式の大きな違いになるでしょう。
仏式は、故人が輪廻転生して生まれ変わるものだと言っています。
しかし神式は異なり、故人は生まれ変わるのではなく神様になるという意味を込めています、
どちらも素晴らしい意味合いを持っているので、好きな方を選択してください。

しかし故人が生前にどちらかを希望していた場合は、希望を叶えてあげましょう。
故人が臨んでいない方式でお葬式を進めても、安らかに眠ることはできません
費用や道具の準備など様々なことを考慮すると思いますが、故人の意見を尊重することを心がけてください。
どんなお葬式がいいか、生前聞いておくのもおすすめです。


この記事をシェアする