>

お葬式の準備をする前に

神式が安く済む理由

費用を比較すると神式の方が安いので、神式を選択する人が増えています。
その理由は、お布施がないからです。
仏式ではお布施を収めなければいけないので、その分費用が高額になると言われています。
お布施の代わりに神式では玉串料という費用を支払います。
玉串料が、葬儀の読経や戒名料になっています。

お布施よりも玉串料は安く済むので、費用削減に繋がります。
お布施の半額以下になるケースが多いので、予算が少ない人は神式を選択するのがおすすめです。
お葬式のスタイルを選択する際は、どのくらいの予算があるのか確認してから決めましょう。
費用が少なくなったら、きちんとしたお葬式を開催できなくなります。
それでは、故人が安らかに眠れません。

道具を準備しよう

お葬式を開催する際は、必要な道具を準備しなければいけません。
道具もお葬式のスタイルによって変わるので、どれを準備すればいいのか調べてください。
仏式なら、線香と焼香を用意しましょう。
線香を使うことで、故人の霊が迷わずにあの世に辿り着けます。
しかし神式は、商工も線香も使わないので間違えないでください。

神式で使うのは。玉串奉奠と呼ばれる木です。
玉串奉奠を使って、参列者は故人が安らかに眠れるよう祈ります。
これまで、玉串奉奠の存在を知らなかった人が多いのではないでしょうか。
しかし神式で必ず使うものなので、探せばお店で購入できます。
葬儀社が用意してくれることも多いので、神式のお葬式をすることになったら早めに伝えましょう。


この記事をシェアする