どんな違いがあるのか

仏式と神式のお葬式の違い

費用に大きな違いがある

まず費用の違いがあります。
ハッキリ言うと、仏式の方が神式に比べて高いです。
ですから費用の面を考えて、神式を選択する人が増えています。
また使用する道具も異なり、仏式は線香と焼香を使います。
お葬式というと、そのような道具を使うイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし神式でその2つは使用しません。
代わりに使用するのは、玉串奉奠と呼ばれるものです。
知らない人が多いので、神式のお葬式をするなら間違えないで準備しましょう。

神式は、お経を唱えないことも大きな特徴であり、仏式との違いです。
神式では、祝詞を唱えられます。
祝詞はお祝いをする時に唱えるものなので、お葬式で唱えるのは不謹慎だと感じる人がいるでしょう。
しかし神式のお葬式には、故人が安らかに眠れる以外にも子孫繁栄を祈る目的があります。
ですから祝詞でも、問題ありません。
お経より、祝詞の方が聞いていて気持ちいいかもしれません。
その点で神式を選択する人がいます。

どこで葬儀をするのかという、違いがあります。
仏式はお寺を利用することが一般的です。
しかし、神式はお寺を利用することはないと思ってください。
神式は自宅で葬儀をすることが一般的なので、場所があるか確認してください。
もし自宅で葬儀のスペースを確保できないと思ったら、葬儀社に相談しましょう。
すると貸斎場を利用できるはずです。
貸斎場を利用する際は、料金が別途で発生するケースがあります。